再エネ発電賦課金てなに?

時給10円ってどうよ > 生活 > 再エネ発電賦課金てなに?

再エネ発電賦課金てなに?

2014年6月21日(土曜日) テーマ:くらし生活

今まで電気料金とか気にしていなかったのですが、増税とか日常品の値上げとかで出て行くお金が増えてきたので気になってきました。

それで電気料金のお知らせって紙が毎月送られてくるみたいで、いつもみないでカゴの中に放置してあるのを見てみました。

そしたらなんと、2万円も払っているのです。

一日中家にいて仕事しているので、仕方が無いのでしょうがちょっと多すぎです。

でも無駄遣いしているのでは無いので減らせません。

諦めて払うしか内容です。

それはいいのですが、電気料金のお知らせの中で一つ気になる事がありました。

電気料金の内訳に、基本料金・1段料金・2段料金・3段料金・燃料調整費があります。

基本料金は使っても使わなくても取られるお金です。

1段料金・2段料金・3段料金は、電気を○○kWまで使ったら1段料金も値段。

それ以上だったら2段料金。もっと多かったら3段料金と使う量によって徴収される金額が変わってきます。使えば使うほど単価が高くなる仕組みです。

燃料調整費は電気を作るための燃料代が上がったり下がったりすると取られたり戻ってきたりします。

そして、それとは別に再エネ発電賦課金というのがあります。

知っている人もいるかもしれませんが、電力会社は個人の太陽光発電で発電された電力を買い取っています。

こう書くと、電力会社が自分のお財布からお金を出しているって思いますよね。

でも違うのです。

再エネ発電賦課金がそのまま支払われるのです。

私の家は太陽光発電がありません。

何の関係も無いのに取られているのです。

損をした気分です。

電気料金と再エネ発電賦課金

ここを見て知ったのですが、釈然としない気分です。

悔しかったら太陽光発電を買えってことなんでしょうか?



関連記事

再エネ発電賦課金てなに?

再エネ発電賦課金てなに?

2014年6月21日(土曜日)

債務整理の悩み解決

債務整理の悩み解決

2014年6月17日(火曜日)