銀行系と消費者金融系キャッシングの違いについて

時給10円ってどうよ > > 銀行系と消費者金融系キャッシングの違いについて

銀行系と消費者金融系キャッシングの違いについて

2014年6月13日(金曜日) テーマ:

個人向けの無担保・無保証人の少額の融資を行っているサービスのことをキャッシングといいます。このキャッシングのサービスの提供を行っている業者には銀行系と消費者金融系があります。サービスの内容に関しては基本的にはどちらも特別な違いというものはありませんが、サービスを提供するに当たっての法律には大きな違いがあります。
消費者金融系の場合、この業態に属している業者は貸金業法によってその業務が規制されることになります。貸金業法には利用者に対して貸付けを行う際の総量規制というルールがあり、利用者の年収に応じた貸付け可能な額の上限が定められています。
一方の銀行系の場合、その業務を規制しているのは銀行法であり、利用者の年収に応じた貸付け可能な額の制限を定めた総量規制の対象とはなっていません。
総量規制があることによってすでにある程度の借入れがある人の場合、前者では新規に貸付けが受けられないケースもあり、後者では年収による貸付けの制限を受けないという点が大きな違いとなっているのです。

主婦のカードローンの限度額については主婦カードローン限度額SG114※引き上げに審査はあるの?



関連記事

脱毛クリームは...。

脱毛クリームは...。

2016年5月13日(金曜日)

身近にある交通事故

身近にある交通事故

2014年11月30日(日曜日)

入浴剤でテンションが上がっちゃう!

入浴剤でテンションが上がっちゃう!

2014年11月 9日(日曜日)

将棋は挨拶に始まり挨拶に終わる

将棋は挨拶に始まり挨拶に終わる

2014年10月23日(木曜日)

自然災害

自然災害

2014年10月 9日(木曜日)